心を和ませ癒してくれる赤ちゃん

人間や動物に関わらず「赤ちゃん」という存在は、見ているだけで多くの人々の心を和ませ癒してくれる大きな存在ですよね。赤ちゃんの寝顔や笑っている顔を見ているだけで、見ている方もついつい笑顔になってしまいます。

さっきまで不機嫌だった方でも赤ちゃんの笑顔を見ると、イライラしていた気分が一気に吹き飛び笑顔になってしまう方だってたくさんいますものね。それくらい赤ちゃんには不思議な力があるのです。皆さんだって生まれたばかりの頃は「赤ちゃん」だったのです。

記憶に残っているという方はほとんどいないかと思いますが、生まれたばかりの頃の人間は「赤ちゃん」という存在でこの世に生を受け、多くの方々がその「赤ちゃん」の誕生に喜んでいたのです。

赤ちゃんとは基本的に生まれたばかりのお子さまの事を指しており、人間に関わらず生まれたばかりの動物にも「赤ちゃん」という呼び名が用いられている事もあります。もう少し具体的に説明しますと、生まれて7日未満の赤ちゃんの事を「早期新生児」といい、生まれて0日から28日未満の赤ちゃんの事を「新生児」と言います。

赤ちゃんは弱い存在ですので、生存する為には人間でも動物でも親の援助が絶対に必要とされております。ですので動物などの赤ちゃんの場合ですと、環境などによっては生存率の低い赤ちゃんも存在しています。

人間の赤ちゃんの場合でも、医療などが充実に整っていない環境や医療が遅れている環境などの地域で生まれてきた赤ちゃんの場合ですと、生存の危機に陥ったり生存の危機を免れたとしても発育に問題が生じてしまったりなどの影響を及す場合もあります。

これらは特に後進国の地域に多くみられ、先進国の方々の援助や支援などの協力が必要とされています。赤ちゃんと言う呼び名の他にも、「赤ん坊」や「赤子」などの呼び名も存在します。

「赤ちゃん」や「赤ん坊」、「赤子」などの呼び名の由来には諸説ありますが、生まれたばかりの新生児の皮膚の色が赤く見える事からという説が多く伝えられています。

赤ちゃんの皮膚が赤く見えますのは、分娩の際に陣痛の圧力によって胎盤内にある血液が赤ちゃんの体の中へと入っていく事によって赤ちゃんの皮膚が赤くなるとされています。

赤ちゃんの体の中に多くの血液が入って行く事によって、出生後の赤ちゃんの成長を大きくサポートする役割を果たしてくれているのです。生まれたばかりの赤ちゃんは弱い存在とされ親の援助が必要とされていますが、生まれながらに様々な能力を持っているとも言われています。

例えば、母親と他人の違いを匂いや声、顔などで見分ける事が出来たり、生まれて間もないにも関わらず母親の乳首を自らで探しだし母乳を飲んだりする事が出来ます。これは生きる為に必要とされている能力であり、また赤ちゃんの生命力の強さの表れなのかもしれませんね。

page top